ドラッグ・アルコールテスト

ドラッグ・アルコールテスト

  • 一部の業種・企業では、雇用前に薬物乱用検査とアルコール検査を受けるように求められます。
  • 検査の際には、院内で専用の尿容器で尿を採取し、検査を受託している検査機関に当院から検体を送ります。
  • 検査は2日前までに予約が必要です。当院に電話でご予約を取る際に、「ドラッグ・アルコールテストを受けたい」とお申し出ください。

薬物乱用検査項目に含まれる薬種

覚せい剤 アンフェタミン、メタンフェタミン(ヒロポン)
あへん系麻薬 コデイン、モルヒネ、6-アセチルモルヒネ
コカイン系麻薬 コカイン、ベンゾイルエクゴニン(コカイン代謝物)
幻覚剤 MDA(メチレンジオキシアンフェタミン)、MDMA(メチレンジオキシメタンフェタミン)、MDEA(メチレンジオキシエチルアンフェタミン)、フェンシクリジン
大麻・マリファナ THCカルボン酸体(大麻代謝物)

検査受託機関